Concept

採れたての農作物の直売を行う農園を愛知にて営業

新鮮な野菜と果物をお届けしお客様の健康管理をサポートします

お客様がおいしく安全に野菜や果物を食べていただけるように、農作物を栽培している農園を愛知県にて営んでいます。新鮮な野菜や果物にはビタミンやミネラルなど、健康や美容を維持するのに欠かせない栄養素がたっぷりと含まれています。とはいえ、仕事などで忙しい現代人にとって、栄養バランスを考えた食事を毎回食べるのは難しいのが現状です。

そこで、少量でもしっかりと栄養が取れるように、栄養価の高い野菜や果物を栽培してお客様に販売しています。

加工品などのネット販売を行う農園を愛知で営業しています

全国のお客様にも安全でおいしい食品をお届けできるように、加工品の販売を行っている農園を愛知県にて営んでいます。例えば、鮮度の高いいちじくを煮詰めてつくったいちじくジャムは、朝食やおやつなどに幅広く食べられる一品です。いちじくはこだわりの土壌にて栽培されたものを使っていますので、果実にぎっしりと甘みが詰まっています。また、あえて果実をつぶさずに残していますので、ゴロゴロとしたいちじくの食感を楽しめます。

添加物を加えないで製造していますので、安心して口にできます。加工品には様々な添加物が使われており、抵抗力の弱い小さなお子様に食べさせるのを不安に感じている方もいらっしゃいます。とはいえ、手づくりでジャムをつくるのは大変なので、添加物を一切使用せずにつくったジャムを販売しています。

確かな栽培技術を活かし野菜づくりを行う農園を愛知にて営業

お客様においしい野菜や果物をお届けするための農園を愛知県西尾市にて営業しています。もともとは農業経験のなかったオーナーが、結婚をきっかけに農業に興味を持ち開業に至ったのがきっかけです。農業とは異なる分野での就業経験や農業仲間、異業種の先輩達から支えられて独自の栽培方法や販路を見つけて営業を行っています。

一から農業をじっくりと学んだことで、お客様の関心を食に集められるようにしたいと考え、安全でおいしい野菜や果物づくりに努めています。手軽に野菜や果物が手に入るようになりましたが、安全性の高いものを選びたいというご要望にお応えできるように、堆肥から栽培までこだわりを持って栽培を行っています。豚の糞からつくるトンプン堆肥を使っていますので、安心して食べられます。

安心して食べられる農作物を栽培する農園を愛知で営業

お客様がおいしくて安全な野菜や果物を食べていただけるように、複数の種類の野菜や果物を栽培しています。野菜や果物にもたくさんの種類があるため、色々な料理や味を楽しんでいただけるように、できるだけ多くの種類をつくれるようにしています。また、常備菜については一年を通じて様々なジャンルの料理に使えることから、積極的に栽培を行っています。例えば、玉ねぎは常備菜の一種であり、カレーなどの煮物から野菜炒めまで幅広く使える大変便利な野菜です。

しかも、老化の原因となる活性酸素の働きを抑えてくれる抗酸化成分が含まれており、美容や健康にも効果的に働いてくれます。スライスして生のまま食べると血液をさらさらにしてくれると言われていますが、熱を加えると甘みが強く出るため、お子様でもおいしく召し上がれます。

安全性に配慮した方法で野菜や果物を育てる農園を愛知で営業

安全性にも配慮しながら、野菜や果物づくりを行っています。土は、野菜や果物が育つ土台となるため、農作物を栽培するときには土づくりが非常に大切だと言われています。しかし、残念ながら日本の土壌は年々栄養が乏しくなっており、そのような土壌で栽培された野菜や果物についても、昔と比べるとかなり栄養価が低くなっていると言われています。おいしく食事を食べるためだけでなく、しっかりと野菜や果物から栄養を摂っていただけるように、土づくりにこだわりを持っています。

トンプン堆肥を使って土壌をつくっていますが、トンプンには食物の根っこの成長を助けてくれるリン酸が豊富に含まれています。堆肥のおかげで根っこが成長すると、土に含まれている栄養をたっぷりと吸収するため、適度な大きさや甘みを持つ野菜や果物が育ちます。

収穫や作業の様子をご紹介している農園を愛知で営んでいます

お客様に畑のドラマをお伝えできるように、作業を行っている様子を詳しく発信しています。農業は、天候などの自然相手であるため、私達人間の力ではどうにもならない部分があります。例えば、梅雨が長引いてしまうと、苗の植え付けなどの作業に支障が出てしまい、収穫の時期も後ろにずれ込むなどの影響が出てきてしまいます。過去にも、長雨によってキャベツの栽培のための作業が遅れてしまったことがありました。また、強い台風が襲来すると、風や雨などでせっかく育てた農作物が被害に遭ってしまうこともあるのです。

自然が相手であるため、自分たちの思うように収穫ができないこともあります。だからこそ、収穫できた農作物はより多くの方に食べていただき、素材の味を、そして時には季節を味わっていただきたいと考えています。